気づいたら冬間近だった。

 

日記を書いていなかった間のことは

思い出すことも大変なので

(なんせ4ヶ月半。4ヶ月半…!)

ひとまず置いておいて。

 

11月になりました。

わたしの生まれた月であります。

別に誕生日アピールじゃないですよ。

アピールしたいわけじゃないし、何かを期待してるわけでもないし、特別盛大に祝われる予定があるわけでもないんですが

なんかそわそわしてしまう誕生月。

自分の誕生日すら忘れてたって人たまにいるじゃないですか、んなことあるのか?って思ってしまう。んなことあるんですか? 

わたしが意識しすぎなのか。

今年の誕生日も普通に平日で、しかも週の真ん中水曜日。ノー残業デーで早く帰れそうってのが救いだなあと思ってるけど、忙しい日になりそうな予感がしている。

誕生日に何か嫌なことあると、いつもの倍くらいつらくなりませんか?「わたし今日誕生日なのになあ…」って。穏やかに過ごせることを祈る。

(あわよくば誰か飲みとか誘ってくれないかなとか思ってる)

 

 

日に日に寒くなるのを感じながら、毎年毎年思うことは、去年の今頃ってわたし何着てた?です。コートをクリーニングに出さなきゃと思いながら2週間くらい経ってる。

 

三連休初日、なにもせずに終わろうとしている。 またやってしまったよ。

 

今日はミヤネ屋を見ながらもやしの芽をむしっていた。

あとは朝に夏の余りのひやむぎを茹でて食べたのと、昼に目玉焼きを乗せたパンを食べた。

 

もやしの芽をむしるの、終わった後にはちょっと達成感があったんですが(なんせ2袋分)やってる最中は「自分いますごい暗いことやってる気がする」という気持ちを抱えたまま大量のもやしと対峙しなければいけないので、完全に心を無にするか、テレビを見ながらの作業がおすすめです。

 

もやしの芽をむしると料理に使った時おいしくなるって誰かが言っておりました。

芽が取れて白くなったきれいなもやしを水に浮かべて「すげ〜〜」と感動したけど、1袋30円程のもやしにたいしてこんな真剣になったこといままでなかったな。

(これからもあるかはまったく不明)